アロマオイル基礎知識


自宅でセルフマッサージを行う際、マッサージオイルやボディクリーム等があると良いのはもちろんですが、アロマオイルなどがあるとお部屋がいい香りに包まれ、まるでサロンで施術を受けているかのような気分になれるのでおすすめなんです。なりたい気分や、好みに合わせたアロマオイルをアロマディフューザーやアロマポットに入れて香りを楽しみましょう。アロマオイルの基本的な使い方をご紹介します。

 

アロマオイルの使い方

近年流行しているアロマオイル。植物から抽出されているので自然の状態よりも凝縮されています。なのでオイルはそのまま使わず、どんな使い方をするにしても希釈して使います。マッサージオイルと同じでオイルなんだからそのまま使っていいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、アロマオイルをそのままマッサージに使うことはできません。しかし、アロマポット、アロマディフューザーに入れて香りを楽しむのはもちろん、アロマオイルをマッサージオイルに溶かして使うこともできます。
 

アロマディフューザー

家電量販店で視たことがある方も多いかと思います。加湿器のような見た目をしていても、アロマを香らせることがメインなのはアロマディフューザー、加湿機能がメインなのはアロマ加湿器……と違いがあるんです。購入の際に迷うようでしたら、どちらをメインにしたいかで決めるようにしましょう。
物によって使用方法は様々ですが、ミスト式のアロマディフューザーだと中に水の入るタンクが入っていて、そこに水を入れ、アロマオイルを数滴垂らします。それをまた元のようにセットして電源を入れると、ミストが出てきます。電気式のアロマディフューザーはタイマーなどが設定できるタイプの物もあります。お休み前の使用などにタイマーがあると便利ですのでオススメです

アロマポット

ポットについている上皿に水を貼り、そこにアロマオイルをお部屋の大きさに合わせて数滴たらします。下部に専用のろうそくを入れ上皿を温めることで蒸気とともに香りがお部屋に広がります。
アロマディフューザーと違い、アロマポットは火を使用します。小さなお子様やペットがいるお家で使用する場合は、置く場所等に気を付けなければなりません。また、上皿の水がなくなっているのにも関わらず空焚きをしてしまうと非常に危険です。火を使用していることを忘れず、注意して使用しましょう。

マッサージオイル

まず、ホホバオイルなどのキャリアオイルを準備し、そこにアロマオイルを希釈することで好きな香りのマッサージオイルを作ることが出来ます。しかし気を付けなければいけないのは、マッサージオイルとして使用する場合アロマオイルの希釈濃度が1%以下になるように作らなければならないということです。1%より濃度が濃くなってしまうと、お肌のトラブルを起こしかねません。きちんと計算し、1%以下の希釈濃度にしましょう。マッサージオイルのレシピなどを載せているサイトなどで、何mlのキャリアオイルにアロマオイルを何滴入れればいいかを載せてくれているサイトもあるので参考にしても早いかもしれませんね。