お家で簡単足つぼマッサージ

 


足は第二の心臓である、なんてよく耳にしますよね。足の裏には各臓器や体の部位に対応した「反射区」と呼ばれるツボがあります。反射区とは各臓器の末端神経が集まっているとされる場所、それが足の裏に集まっているから、第二の心臓なんて呼ばれるんです。各部位に対応している反射区を押し、不調を改善することもできます。また、反射区を押してみて固さを感じる・痛いところがあれば、その反射区に対応している部位が弱っている・疲れている、なんてことを知ることもできます。

マッサージ前には必ずコップ1杯程度の白湯や水を飲んでください。老廃物は尿で排泄されるため、きちんと水分補給をしておかないとせっかく排出された老廃物が再び体内に吸収されてしまいます。
足つぼマッサージは器具を必要としません。手のひらがあれば十分です。しかし、マッサージをしていて指や手のひらが痛くなってしまう場合には、ツボ押し専用の棒などを使うのも良いでしょう。100円均一などで安価に売られています。また、皮膚を傷つけない先の丸いものであればペンなどの文房具でも代用できます。
お風呂上りは気持ちもリラックスしていて、足の裏の皮膚も柔らかくなっているのでツボを刺激しやすいです。また、気持ちのリラックスで言うとお休み前のベッドの上なども心身が落ち着いている状態なのでおススメです。

 

ストレス・疲れ

ストレスや疲れに効くのは『湧泉』という名前の付いたツボ。足の指を曲げたときにできる、土踏まずのちょうど少し上あたりにあります。血行を促進させ冷え性をやわらげたり、夏バテで食欲がない時も効果があります。ストレスや疲れをやわらげたり、体のだるさを軽減させたり……お疲れの現代人にぴったりなツボです。

 

肩こり・首の疲れ

肩や首の凝りには、足の指の下のふくらみの部分をまんべんなく揉むのがオススメです。足の指の下のふくらみ部分には、首と肩のツボがまとまっています。親指の付け根は首の反射区が、人差し指から小指にかけての部分には背中や肩の反射区があるんです。特に首が辛い!という方なら重点的に親指の付け根を。肩こりがひどい!という方は人差し指から小指までを揉みましょう。首や肩は日常的に負担のかかる部位。特にひどい凝りを感じていなくても揉んでおいて損はないです。

 

寝つきが悪い

不眠解消には『失眠』と呼ばれるツボを刺激しましょう。かかとのちょうど真ん中、少しへこんだ部分が失眠です。親指などで20秒程度、少し長めにゆっくりと押し込んでください。あまり刺激を感じない時は握りこぶしを作って数十回軽く叩いてみましょう。眠れない方や寝つきが悪い方の他にも、足の疲れを感じている方、足のむくみでお悩みの方にも試してほしいツボです。