オフィスで簡単ストレッチ


女性も男性も、デスクワークの方はかなり多いですよね。立ち仕事の方ならその場で屈伸したり、簡単なストレッチもできますが、デスクワークだと一日中、8時間以上座りっぱなし……。私自身も肩こりや腰痛、またそれらからくる頭痛などに悩まされていました。マッサージサロンに通うようになってだいぶ改善しましたが、それでも日々疲れは溜まります。
ここではオフィスで椅子に座ったままでも出来るような簡単ストレッチをご紹介しています!始業前やお昼休憩はもちろん、お仕事中にも意識的にストレッチしてみて下さい。
特に始業前のストレッチは、予防として効果を発揮するのでオススメですお休み前の使用などにタイマーがあると便利ですのでオススメです簡単なストレッチを毎日行い、週終わりにマッサージサロンでプロに施術してもらうという習慣を作ることで慢性的な肩こりでもかなり改善する。と思います。セラピストさんに体の悩みを伝え、そこを重点的にほぐしてもらいましょう。また、お店やセラピストさんよっては自宅でできる簡単なセルフケアを施術後に教えてくれたりもするので、自宅で簡単に出来るセルフケアの方法を思い切って聞いてみるのも手かもしれませんね。

 

肩こり予防ストレッチ


まずは首のストレッチから行います。初めに、上下・左右、順番に5秒ずつ首を傾けます。
次に上を向き、10秒かけて1周する位の速度で時計回り、反時計回りに首を回しましょう。左右5回程度が目安です。
あまり速く回すと首を痛めてしまう可能性があります!ゆっくりやってください。


まず背筋を伸ばし、姿勢を正します。肩甲骨を内側に入れるように引き寄せ、そのまま5秒を目安に肩をゆっくり上下させます。
前後、同じく5秒を目安に肩を回します。この時、肩甲骨が動いていることを意識しながらストレッチしてください。
次に、右手を持ち上げてひじを曲げ、左の肩甲骨を触ります。左手で右ひじを支え、ひじを左肩に寄せて筋肉を伸ばします。30~40秒程度を目安に、左右2回ずつストレッチしましょう。


胸の筋肉をほぐすストレッチです。肩のストレッチと同じように姿勢を正し、背もたれの後ろで手を組みます。
この姿勢をとると自然に胸を反らすような形になります。この時腰を反らすのではなく、肩甲骨を寄せるイメージで胸を反らせるようにしてください。

ねじり
体全体をねじります。姿勢を正し、右に上半身をねじり、右手は背もたれに置きます。
目線を後ろに向け、30~40秒程度を目安に左右にねじり、ゆっくりと呼吸をしましょう。左右5回ずつ程度行うのがいいです。